ヘルニアって何?~犬に起こる様々なヘルニア~

ヘルニアって何? 犬に起こる様々なヘルニア

犬のヘルニアといえば、足腰が立たなくなる椎間板ヘルニアが有名ですが、一言でヘルニアと言っても、色々なヘルニアが存在します。

そもそも犬のヘルニアって?

そもそも犬のヘルニアって?
ヘルニアとは、簡単に言うと、本来あるべきものが飛び出てしまうことです。

つまり、先天的、後天的な何らかの原因によって、内臓や組織が脱出・突出することで症状が起こり、様々な場所で発生する病気です。

犬にはどんなヘルニアがあるの?

鼠径ヘルニア

犬にはどんなヘルニアがあるの?
鼠径部(足の付け根)に生まれつき、または交通事故など外的要因により筋膜に隙間ができ、そこから脂肪や臓器が出てくることにより起こります。

子犬に多く、隙間が小さく脱出しているものが脂肪であれば大きな問題は起こりませんが、膀胱や腸などの臓器が脱出すると、圧迫されることで排泄障害を起こします。

膨らみの大きさ、色、熱をもっていないかなど変化に注意してください。

臍ヘルニア

いわゆる出ベソと呼ばれるもので、こちらも先天的な要因で臍の下の筋膜に隙間があることによって、脂肪や臓器が脱出し、臍の部分にふくらみが見られます。

こちらも、隙間が小さく脂肪のみの脱出であれば大きな問題は起こりません。子犬に多く、成長とともに閉じることもあり、避妊去勢と一緒に手術を行うことが可能です。

鼠径ヘルニアと同じく、ふくらみの変化に注意してください。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア 犬
椎間板とは背骨の間にあるクッションのような役割を果たしている組織が、激しい運動や事故、骨の老化などが原因で損傷し飛び出る事により、神経を圧迫し、麻痺や歩行困難を起こします。

回復には早期発見が重要で、初期の段階では内科療法で治ることもありますが、病状が進行すると手術が必要になります。

また、遺伝的にダックスフンドに好発し、症状が軽くてもCTで見ると圧迫が重度な場合もあります。

いつもと違って歩きたがらない、触るとキャンと鳴く、抱っこを嫌がるなどの症状がある場合は注意が必要です。

横隔膜ヘルニア

交通事故など外的要因により(まれに先天性)、胸部と腹部を隔ている横隔膜が損傷し、臓器が胸腔に入り込み圧迫することにより起こります。

ぐったりする、呼吸困難など重症例では手術が必要です。

会陰ヘルニア

会陰ヘルニア 犬 
会陰部(肛門のまわり)にある筋膜が薄くなりできた隙間から腸や膀胱などの臓器が脱出することにより起こります。

肛門の横が腫れている、排便がしずらい、便が細くなるなどの症状が出ます。

5才以上の未去勢の雄犬に多く、男性ホルモンが関与していると考えられており、去勢手術をする事で予防ができます。

まとめ

このように、ヘルニアは起こす部位によって様々な症状があり、なかには発見が遅れると後遺症が残ったり、命に関わります。

いつもより元気がないな、何か機嫌が悪いな…それはもしかしたら病気のサインかもしれません。

日頃から愛犬の様子をよく観察し、早期発見ができるようにしましょう。

ペットシッター、キャットシッター、散歩代行、ペット介護のご依頼や詳細はこちら

ヘルニアって何? 犬に起こる様々なヘルニア