ケンネルコフの症状、治療、予防方法は?子犬や老犬の咳に注意

ケンネルコフの症状、治療、予防方法は?子犬や老犬の咳に注意

おうちにやってきた子犬がケホケホと咳を始めたらそれはケンネルコフかもしれません。では、ケンネルコフとは一体どういう病気なのでしょうか。そしてどんなことに気を付けるべきなのでしょうか。

ケンネルコフって?

ケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)は伝染力が強く、子犬の時期に多い病気で、ウィルスや細菌感染によって起こる、いわゆる“犬風邪“で、咳などの呼吸器症状があらわれるものの総称です。

ケンネルコフはどのようにしてうつるの?

ケンネルコフはどのようにしてうつるの?
イヌアデノウイルスⅡ型、イヌパラインフルエンザウイルス、イヌヘルペスウイルス、気管支敗血症菌、マイコプラズマなどが原因となり、感染経路は接触感染や飛沫感染です。

成犬がかかることはまれで、免疫力の低い子犬や老犬でかかりやすく、ペットショップやブリーダーなど多頭飼育の環境ではあっという間に集団感染します。 

ケンネルコフの症状

ケンネルコフの症状
ウィルスの単独感染では比較的症状は軽く、元気や食欲があれば1週間~10日ほどで咳は落ち着きます。混合感染や、症状が悪化すると咳の他にも発熱、くしゃみ、鼻水、元気消失、食欲低下、さらに重症になると肺炎を起こし大変危険です。

また、同じように咳を症状とする病気には、致死率の非常に高いジステンパーや、フィラリア症、心臓疾患、他の呼吸器疾患などがあり鑑別診断が必要です。

ケンネルコフの治療

ケンネルコフの治療
抗ウィルス作用のあるインターフェロンの投与、二次感染を防ぐための抗生剤、気管支拡張剤、抗炎症剤の他、ネブライザーによる薬剤吸入、体力が消耗している時は輸液やビタミン剤の投与を行います。

ワクチンでの予防

ワクチンでの予防
ケンネルコフの原因となるウィルスや細菌は様々で、ワクチンで予防することはできません。しかし、ケンネルコフの要因とされているウィルスのいくつかは混合ワクチンで予防できます。

成犬のワクチン接種については最近では3~5年に1度で十分との見解もありますが、免疫力の低い子犬時は2か月目と3か月目の最低2回と1年後まではしっかり接種し、病気から愛犬を守ってあげましょう。

また、ケンネルコフは空気の乾燥しやすい冬場に多いので、部屋の加湿をするのも有効です。

子犬を迎えたら

子犬をむかえたら
おうちに迎えたばかりの子犬は元気いっぱいに見えても、心の中はドキドキ緊張でいっぱいです。環境の変化によるストレス、朝晩の気温差などにより体調をくずしやすく、自分の限界を知らないのでめいっぱい遊びすぎて疲れてしまったりもします。

新しい環境に慣れるまでは、無理をさせず適度なスキンシップをとり、たっぷり眠る時間を与えてください。

まとめ

せっかく家族に迎えたのだから、毎日元気ですくすく育って欲しいものです。体の小さい子犬はちょっとしたことですぐに体力を消耗してしまうので、早めの治療が生死を分ける事も少なくありません。
おうちに来る前の様子や環境などをしっかり確認しておき、少しでもおかしいな、と思うことがあれば早めに病院に相談するようにしましょう。

ペットシッター、キャットシッター、散歩代行、ペット介護のご依頼や詳細はこちら

ケンネルコフの症状、治療、予防方法は?子犬や老犬の咳に注意