旅行や出張だけじゃない?ペットシッターの活用方法をご紹介

旅行や出張だけじゃない?ペットシッターの活用方法をご紹介

ペットホテルに預ける程ではないくても、飼い主さんに代わってペットのお世話を専門とするペットシッターなら頼みやすい場面が沢山あります。特に忙しい時や、体の自由がきかないときは自宅まで来てもらえるのでとても便利です。

日帰り出張や、夜遅くなる残業の日に

日帰り出張や、夜遅くなる残業の日に
月末や年度末、お仕事の都合で帰りが遅くなることがわかっている日。日帰り出張時、早朝に出発して深夜に帰宅のスケジュールだと、長時間の留守番が心配になってしまうものです。

とはいえ、早朝・深夜に預けたり、お迎えできるペットホテルが近くにあるとも限りません。日帰りなのに、ペットを前日に預けて、翌日にお迎えするとなると、3日間のペットホテル利用となり、経済的にも、心理的にも辛いものがありますね。

頼れる家族や友人が居れば良いのですが、そうとも限りません。そんな時は安心して飼い主さんに代わってお世話を任せられるペットシッターが居れば心強い味方になります。

夕方1回の夕食とトイレとお散歩をお願いしたり、長い留守番時間の折り返し地点で様子を見てもらって報告のメールを送ってもらうなど、安心で便利なサービスです。

骨折や腰痛、治療やリハビリ中のペットのお世話

骨折や腰痛、治療やリハビリ中のペットのお世話
事故や体調不良による自宅療養やリハビリ中など、特に足腰に怪我をしてしまった場合、愛犬の毎日のお散歩が出来ず、飼い主さんもワンちゃんもストレスをためてしまいがち。

そんな時は迷わずペットシッターの手を借りることをオススメします。シッターさんによって料金設定が異なりますが、「飼い主在宅時のお散歩のみ」は通常のシッター料金よりも安く設定されている場合がほとんどです。

長時間の留守番が難しい仔犬や老犬のお世話

長時間の留守番が難しい仔犬や老犬のお世話
仔犬を迎え入れて、食事の回数が多い時期や、トイレのトレーニングが完璧ではない時期のお留守番、長時間のお留守番に慣らしていかなければならない時期など愛犬の成長をお手伝いしてもらえるのもペットシッターならでは。

近くに犬の保育サービスが無い場合や、送迎時間と勤務時間が合わない場合にはペットシッターさんのプライベートな保育サポートもぜひ検討してみてください。

また、寝ていることが長く、排泄の頻度が多くなった老犬のお世話など日中1回だけ様子を見て欲しいなどのニーズにも幅広く応えられることが魅力です。自宅の環境で毎日の生活ペースをキープしながらのお世話が可能です。

まとめ

旅行や出張以外でもペットのお世話を任せられる「飼い主さんの代わり」を動物のプロであるペットシッターさんにお任せできると、仕事や治療、ペットのケアにも安心して向き合えるのです。

「ペットのためにもう一人自分の分身が欲しい」と思ったときは、ペットシッターを検討してみてくださいね。

旅行や出張だけじゃない?ペットシッターの活用方法をご紹介