注目の職業、ペットシッターってどんなお仕事内容?向いてる人はどんな人?

注目の職業、ペットシッターってどんなお仕事内容?

『ペットシッター』という職業は、旅行や出張、入院時や親の介護など、ご家庭の事情で大切なペットのお世話ができない時の頼れるプロとして注目を集めています。

なかでも、都心での一人暮らしや高齢者、共働き夫婦などペットを愛し、ペットの生活環境を大切にされている飼育者からは、ペットホテルとは異なりプライベートなサービスを受けることができるとリピーターも多く顧客を掴むことができ安定したお仕事が可能です。

ペットシッターという仕事は?

ペットシッターという仕事は?
ベビーシッターのように、自宅において大切な家族であるペットのお世話をすることがメインのお仕事です。

事前に依頼者のお宅に伺い、ご家庭のペットの性格や日常の過ごし方をはじめ、ゴハンの量や与え方、接し方、トイレやお部屋のお掃除、お散歩や遊びのパートナーとしてお世話をするための打ち合わせを行います。

もしもの時のかかりつけの病院や病歴なども事前にヒアリングしたうえで、双方合意のうえ契約書を交わします。

シッターの日程が決まれば事前にカギを預かって、依頼者から指定された日時にに訪問し、打ち合わせ通りのお世話をします。

ペットシッターのニーズについて

ペットシッターのニーズについて
旅行など1日以上宿泊で家を空ける際、ペットの留守番をサポートすることが最も多いニーズですが、入院や通院で愛犬の散歩ができない時や、残業や日帰り出張などでペットを長時間留守番させなくてはいけないとき、長時間の留守番が難しい仔犬や高齢犬のケアなどニーズは多様化しています。

ペットシッターに向いている人とは?

ペットシッターに向いている人とは?
  • 動物好き
  • 自分本位で動物を可愛がるのではなく、お世話を担当する動物それぞれの性格や行動学に基づいてペットにストレスをかけない接し方が必要なスキルになります。

  • 健康管理がしっかりできる
  • シッターはご依頼者の大切な家族の“いのち”を任されるお仕事です。自身の体調不良でお仕事をキャンセルしたり延期することはできません。日頃から体力維持と健康管理に努め、規則正しい生活を送らなければなりません。

  • 勉強熱心
  • シッターとなるために必要な資格取得の勉強はもちろんのこと動物の行動学や飼育方法、健康管理、飼育グッズに至るまで、資格取得後も積極的にセミナーに参加したり、書籍を読むなどして、常に情報収集に熱心に学びつづけましょう。

  • 綺麗好き
  • 不在時にご依頼者宅へ訪問することもあり、常に清潔で好感の持てる身だしなみを保つ必要があります。ご依頼先のペットの身の回りのお世話にはお掃除も欠かせません。

  • 聞き上手で提案上手
  • シッターには、明るく誠実でコミュニケーション能力の高い人柄が好まれます。

    打ち合わせ時には我が子のように可愛がるペットのお話が尽きないお客様もいれば、そうでないお客様もいらっしゃいます。

    事務的ではなく、親身にお話を聞きながら、お世話に必要なお話をうまく聞き出すスキル大切です。

    それぞれの動物やご家庭の環境をしっかり観察して、「このようにお世話させていただくと安全で安心です」と具体的に分かりやすく、物腰柔らかかな対応でお客様に提案できるホテルのコンシェルジュや秘書をイメージすると良いでしょう。

まとめ

動物に関する知識や経験は専門性を問われますが、何よりも人への信用度を重視されます。

そのため、ご依頼者とシッターの人間関係を良好に築くがとても大切なお仕事です。

「あなたなら安心して任せられる」と言ってもらえるよう、日々ペットのお世話を通じて相手を想う気持ちを大切にできる人が良いお仕事に恵まれて成長していけるでしょう。

ペットシッター、キャットシッター、散歩代行、ペット介護のご依頼や詳細はこちら

注目の職業、ペットシッターってどんなお仕事内容?